毎日コツコツ 無理をしないダイエットレポート☆彡

シェアする

お食事は我慢したくない!でも太りたくない!

悩んだ先に、無理ない運動を選んだダイエットについてのレポート♪

どうも、みずもんです。

日本人が大好きな、永遠の生活テーマ💗ダイエット。

みずもんのママもかれこれ25年くらいダイエットをしていると思います。

学生の折はみずもんはバック転や宙返りをする競技『体操』に打ち込んでいたので、「ダイエットって何だろう」と思っていましたが、やっぱり30を過ぎてくると代謝が落ちるんですね・・・「食べてないのに太る」って位追い詰められる時期がやって参りました。

この記事では2年前から中年太りを気にし始めたみずもんの、選んだダイエット方法についてご案内させていただきます。

スポンサーリンク

ダイエットを始める経緯

みずもんは食事が大好きで、このブログとは別に「お食事紹介」のブログ書くくらい外食をしています。

健康には気遣う方なので、自宅では積極的に野菜を摂るようにしているし、驚くほどの量を食べているということは無いと思いますが、それでもやっぱりある一定の年齢を過ぎると「代謝が落ちる」みたいですね。体型が変わってきてしまいました🐷

この自覚についてはみずもんの3倍くらいの量の食事を摂る夫も同様で、気付く速度よりも早く(イメージ)あっという間に丸々とした体形へと変貌を遂げて行きました。

当初は毎日少しずつの事なので「ちょっと太ったかな~」位の気持ちでいたのですが、ある日行く先々で写真を撮って自分の姿を見て愕然としました。

(;´・ω・)ん??

自分の想像より横幅広くね??

なんだ、この洗練されてないディティールは!??

顎の下に顎がもう1つ見えるんですけど???
顔の横幅広いんですけど???

いや、そりゃもうびっくりです。

ほっぺの下は逆三角形になっていると思ったのに、顔の形が真四角に近づいていたのですから。

あわわ(;´・ω・)💦このままどうなっちゃんだろう。

おおげさながらこのまま生きていて大丈夫なのか、途端に不安になりました。

そして食事制限へ

すぐに次の日から、食事を制限したり大好きなアイスクリームを断念したりと食事制限を行うことにしました。

基本的には夕食には炭水化物を摂らない、お肉を多めにする。野菜をしっかり摂る。目指すはライザップのような食事!!と。

でも、食事好きな自分が食事を制限するってかなりのストレス。

同じくダイエットを始めた夫も、食事の質と量そしてアイスクリームを制限しましたが、そんな生活は長く続きませんでした。

本能に従って、とっておきのアイスクリームに手を出そうとするたびに「こんな太ったのにアイスクリームなんて食べてはいけない!」とお互い言い聞かせていたのですが、我慢が何日も続いて心が折れました。

「こんなに日々気を付けて、我慢して頑張ってるのに!!!」

「体重は減らないし意味あるの?」

「いつまで続ければいいの?」

「アイスクリームが食べたいよ!!」

もう我慢できない!!

と。

食事が好きなら限界がある

日々のストレス解消を食事で行っていたみずもん夫婦にとって、限界が来るのは早かったし喧嘩の回数も多くなりました。

そしてストレスでお互い結局太る一方。

我慢した!って気持ちがより食欲を増加させてしまったんですよね。

心得のある方はおわかりの通りと思いますが・・・

食事制限だけだと無理があるって事を改めて理解しました。

当時のみずもんは体型だけでなく、発想が太ってました。

いちいち発言のカロリーも高くて、どうしようもなかったと思います。

結局運動、つまり「消費」をとりいれないと

我慢比べが続くしかないという事に気づきました。

それでも、一度食事制限だけで調整しようとした失敗は良い学びになりました。

週に1回運動を始めました

別にムキムキになりたいから運動をはじめたわけじゃありません。

食事制限をしたくなかったんです(;^ω^)

考えてみれば成功してる人たちのTwitterを見ると結構ジムなうみたいな生活を行っています。結局この後、ジム通いを選ぶことにより健康維持のために運動している人は思ったより多くいるということを知りました。

知人に世界のKENTというおじさんがいるのですが、世界中を飛び回る中暇を見つけてはホテルのジムを利用して日々の疲れを汗と一緒に流しています。

「そんなに世界中飛び回ってるのに、ジムに行くことでより疲れちゃうんじゃないの?」って思っていましたが、運動をすることでよく眠れるし肩こりを防止し、代謝を上げ、疲れにくく病気になりにくい身体になるし、そのおかげで仕事のパフォーマンスが上がるんだよと言っていました。

そんな時間あるのか?と思っていましたが時間はやりくりすれば作れるものだし運動して得られる見返りのほうが大きい事を世界のKENTおじさんは教えてくれました。

やべー!!できる人違うわぁ・・・

と、一言に言ってしまうことはたやすいですが、とりあえず知識もなく実績も積んでいない自分の思い込みより、世界で成功してる人に1歩でも倣うよう、先ずは始めて見るところから。と、ジムの門を叩くことにしました。

思い込みで立ち止まるより、1歩でも進む事が大切。

そうして始めたジム通い

ジム選びは住むところやお仕事環境によって様々と思います。

みずもんはたまたま会社の福利厚生でゴールドジムのチケットを入手することができたのでそれを利用して通うことにしました。

ジムに通うって人は、雲の上の存在だ

ジムに通うのはお金がかかるので、お金持ちが通うものだ。そう思っていました。

しかし調べてみると会社によっては福利厚生で格安で通うことができる制度を設けているので、案外ハードルが低かったことがわかりました。

早く調べればよかったです(笑)

ゴールドジムは世界中に支店ある有名なジムで、世界中の多くのアスリートが使用しています。時々日本に遠征に来たアスリート達が、馴染みがあるこのゴールドジムに立ち寄るって事もあるので、時々びっくりするくらい有名な選手に会えます。

ジムに通う前は、『ゴールドジムほどの所は戸愚呂弟80%位のひとじゃないと通ってはいけないもの』と思っていましたが、そうでもなく、ごくごく一般の方も通うジムでした。

お孫さんがおられるような歳の、ベテランなご婦人も通ってらしたので、戸愚呂弟なんて妄想は単なる偏見だったって事です。

ただ、やっぱり戸愚呂弟80%みたいな人は沢山おられました。

皆、思ったより普通にジムに通ってる。

ジム初心者として学んだこと

ゴールドジムでは初心者のために、6回だけ、都度1時間付きっ切りで見てもらえる『初心者プログラム』を用意しています。器具の使い方や筋肉の育て方等もアドバイスしてくれます。

みずもんは全くの初心者。器具の使い方さえ知らなくて、やみくもに通って効果が出なかったらどうしようって心配していたので、とてもありがたかったです。

この初心者プログラムは日時を決めず1時間ごとに所定の場所に集まればコーチをしてくれる制度をとっていたので自分の都合に合わせて気軽に行うことができました。

※詳しい対応内容は営業所ごとに違うこともあります、都度ご確認ください。

そこでは、インストラクターが「なりたい体型、目指す生活」「気になっているところ」「器具の使い方」「食生活」など、多岐にわたり”ジムに通いやすくするため””筋肉の健康のため”のアドバイスをしてくれます。

また、コーチングの後、都度プロテインを1杯プレゼントしてくれます。

健康な体を維持するためには、運動をして消費するだけでは効果が出にくい事、食生活を少しずつ気遣うことで、より効果は増す。

そんなことを教えてもらいました。

筋肉を使った後はすぐに「プロテインを摂取」することが大切

最初にこのプロテインに馴染ませる事でコーチング終了後も都度購入することを狙っているものと思いますが、でも確かに効果はありましたのでWinWinかなと。

みずもん用に組んでもらったプログラム

みずもんは「体型維持」「健康のため」「二の腕と太ももを細くしたいな」って事を告げて、それに合わせたレクチャーをしてもらいました。

【教えてもらったルーティーンはこんな感じ】

①15分~20分程度 軽く走る(早歩きでもOK) 有酸素運動

②ストレッチ

③マシーンで筋肉を使う 無酸素運動

④15分~20分程度 軽く走る(早歩きでもOK) 有酸素運動

⑤プロテイン摂取

初心者の6回のレクチャーでは、カロリーを消費する事、筋肉を鍛える事、鍛えた筋肉を育てる事。このバランスについてを何度も、丁寧に教えてもらいました。

※気になる部分に効果的なマシンを紹介してもらいましたが、ここは割愛。

ダイエットのために、ただ走るだけ、マシンを使うだけで良いのでは?と思っていましたが、この有酸素運動と無酸素運動を交互に行うことによりより効果的に筋肉を使い、鍛えることができるのだとか。また、マシンで鍛えた筋肉はすぐに消費して消えてしまうため、育てるためには運動後すぐにたんぱく質(プロテイン)を摂る事が重要になると教わりました。

つまり、「運動していない時間も太らない筋肉質な体を作る」ためには「消えない筋肉を育てる必要がある」。という事を教えてもらいました。

学生の折、みずもんが日常的に行っていた週4回の運動(体操競技)&母が与えてくれた高たんぱくな夕食は、この「筋肉が育つ」「代謝の良い」身体づくりを的確に行っていたという事なんですね。

改めて勉強になりました。

筋肉は使うだけじゃなくて、育てる事知識と努力が必要。

初心者コースを終えて、その後

教えてもらったルーティーンを毎週行う事により、始めに感じていたジムへのハードルがぐっと下がりました。

戸愚呂さんしか使ってはいけないと思っていたマシーンも、気軽に使えるようになりました。

おかげで、2年間悩んでいた肩こりも軽減され、更に冬場に「寒いよ~」と言いながら暖房器具に貼り付く生活を送っていたのですが💦気が付けばそんな事をしない冬を過ごすことができました。

代謝が上がったって事ですね(*’ω’*)

ゴールドジムに勤務する筋肉のエキスパートから多くの事が学べてとても良かったです。

わからないことに対して、有識者のチカラを借りることは大切

その後は、チケットが終わったので

ジムを変えてみました。

一定の効果があったので(それは後程)後は次の課題が見つかるまではこのまま進めて大丈夫かなと思い、より気軽に通えるジムにしてみました。

(^^;)単に、家から近かっただけです。

みずもんのダイエット効果

さて、結局この筋肉を鍛えて代謝を上げる「食事制限をしない」試み。

結果を発表いたします。

※少々肌の露出があるので、苦手なかたはご注意ください。

運動当初2016年

みずもん、二の腕と太ももが太りやすいのでパンパン。

また、おなかと背中に見たことのないお肉がついてしまい、ドラム缶みたいな体型に向かっていました。

2017年

背中にまぁるくついていたお肉が剥がれてきました。

元々最後についていたので、最初に剥がれました。体重は筋肉をつけながらなので(筋肉の比重は脂肪の3倍)あまり変わりませんが、マイナス2キロほど。

2018年

みずもんはもともと肩の骨が内側に丸みを帯びた状態になっているのでわかりにくいですが・・・猫背も矯正されてきました。

体重は2017年から更にマイナス2キロ。食事自体は教わった食生活に少しずつ変えて行きましたがたんぱく質を選択するようになった程度で、炭水化物だってアイスクリームだってやめていません。

※実はあとマイナス2キロ行ってたのですが・・・維持が難しかったので2キロ戻しました。

結局外食を続けることができたので、お食事ブロガーとしての生活も始めることができました。

そう、我慢はやめました。

写真のお腹周りだけまとめてみました。

お腹の先を揃えてあります。何となく記録を摂って検証するのが好きだったので写真を撮り続けていたのですが・・・こうして画像を並べてみて自分が一番びっくりしてます。

いや~良かった♪

肘の皺の位置をご覧いただいてわかると思いますが、二の腕周りにべっとり貼り付いていたお肉が取れたので、すっきりしたんです。

背中をわざと反っているわけではないのは、全体像をご覧いただいてわかると思います。

顔回りもほっそり

ご覧の通り、顎の下やほっぺの下にもっさりついていたお肉。

すっきり撃退しました♪

ご覧の通り、どや顔でお菓子モリモリ食べてます。

正面から

角度が違うのでわかりづらいですが、2重顎も解消されました。

首回りのむくみもスッキリです✨

また、もっさりお肉が付いてるくせにカッサカサだったお肌も艶が戻ってきました。たんぱく質の摂取を強化した効果なのではないかと思っています。

運動を行う事によって変わった意識

運動する事により、体重が落ちました。

パンパンだった足首や二の腕も徐々に細くなっていったので「もっと他にできること無いかな」って余裕が出てきたことを覚えています。

背中のお肉が取れ始めたころ、元々、無理なくスッキリしたいって言う希望もあったので姿勢を気遣うことも始めました。

みずもん、デザイナーなので机にゴリゴリ向かうことも多く、ブログも書くので一日中PC画面に向かいっぱなし。お料理も趣味なので結局一日中ずっと猫背。

運動をしていないときは筋肉が足りなくて、姿勢を直すのさえ億劫だったのですが背中の筋肉を取り戻して贅肉が減ったら途端に姿勢を正すのが楽になってきました

気付いたら都度、程度ではありますが胸の前を開き、背中はキュッと締めて、お尻とおなかは引っ込める姿勢を心がけています。

おかげで、長年眠っていた鎖骨がほんのり出てきました✨もともとそんなに出るタイプじゃないので限界がありますがやっぱりほっそりした場所が見れるだけでもうれしいです。

食事だけのダイエットは挫折しましたが、無理だと思っていたジム通いは結局続けることができたので、その効果についてはこれ以上の事を言うまでもないかなと思います(*’ω’*)

無理なく、我慢なく、毎日個コツコツ。

プロテイン買いました

ゴールドジムではプロテインの大切さをこれでもかって位謳っていて、プロテインの提供を積極的に行っていたのでラウンジで気軽にプロテインを摂取できました。

これでちゃんと筋肉を消費せず、育てることができていたのですが、ジムを変更してからは自分できちんと摂取を心がける必要が出てきたのでマイプロテインを購入することに。

夫が元レスラーさんからアドバイスを貰ってきて・・・結局現在は写真のプロテインを摂取しています。

<ゴールドスタンダード100%ホエイ>

日本て売っている市販のものや、ゴールドジム製品のものを飲用していたのですが、レスラーさんたちは効率よく摂取できるのはコレ!!と言って、オススメしてくれました。

このプロテインはAmazonやiHerbで購入ができます。通販ではAmazonをよく使うのですが、iHerbのほうがお安く入手できる!とのことで現在プロテインの購入についてはそちらに切り替えています。

プロテインだけ購入のつもりだったんですが、結局代謝をUPさせるサプリメントや葉酸、ビタミンC等の取り寄せも、セルフメディケーションの意識が高い米国のサプリは効果がしっかりしていると聞いたので(しかもお安い)切り替えました。送料も一定額以上は無料になるので結局お得。

※実際の効果は個人差があるので💦効果を保証するものではないです。

錠剤の大きさが日本の4倍くらいあって、ちょっとビックリしちゃいますが慣れれば普通に飲めます。

ビビりなので、知らない通販はしたくないなって思っていましたが、米国製のホワイトニングデンタルペーストや、美白効果のあるサプリメントなどもお安くあるやないか!!って選んでたら・・・結局長いお付き合いになることに(^^;)

<iHerb>

まとめ

結局のところ、面倒だなって思いながらも時間をやりくりしてジムに通う方法が自分には合っていました。

怠惰な生活をしていた頃はそんな時間無いって思っていたのですが、それはみずもんの発想が太っていたからに過ぎなくて、ゴロゴロと調べ物をしたりSNSをぼんやり見る時間をジムで走りながら、とか休憩してる数分で見たりと切り替えることができたので、続けることに。

今日はジムに行くから●●時までに終わらせるんや!!

と思いながら時間をやりくりして生活もできるので、我が家のライフスタイルとしては効率さえ良くすれば、できないことはなかったようです。

あとはこのような、調整のつく生活ができる現状に感謝ですね。

おかげさまで、多少の気遣いはしているものの殆ど我慢せず食事して、大好きなアイスクリームも好きなだけ食べてます。

【本家ブログ】

今後も、お食事発信の活動を続けることができそうです♪

また、無理なく続くダイエットマシーンも購入しました。

怠惰なダイエット♪ 3D振動マシン バランスウェーブを導入しました☆彡
ダイエットしている人に人気と噂の3D振動マシーン、アルインコのバランスウェーブを購入したので、使用感や感想をご案内いたします♪個人的には一番楽で長続きするのでオススメです☆彡

太り始めたころには「意識さえも太っていた」のですね💦いっそ運動をとりいれるって気持ちに切り替えることができて良かったです。

運動、大切。

コツコツ貯めた脂肪は、コツコツ落とすことができました。今後はコツコツと今後の健康維持に努めたいと思います。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

みずもん

因みに・・・ゴールドジムのチョコレートプロテインのほうが味は好みです。


何が何でも痩せたい!と言うあなたにはやっぱりここですね。

シェアする

フォローする