ジュラシックワールド炎の王国観てきました(‘ω’)ノ


※画像はイメージです

ジュラシックワールド炎の王国観てきました(‘ω’)ノ

どうもこんにちはみずもんです。
今日は映画ジュラシックワールド炎の王国観てきましたを見てきたのでその感想をゆるーくお伝えしようと思います。

ネタバレも含んでるのでご注意ください⚠

スポンサーリンク

ジュラシックワールドとは

youtubeより

一応前作ダイジェスト(続きは有料になっちゃいますが)貼っておきますね。

人間のエゴによって作り出されて大パニック起こした「ジュラシックパーク」から、過ちを繰り返す人間模様を大迫力で提供してくれたのが前作「ジュラシックワールド」です。

「恐竜がよみがえるとすごいな~」という純粋な好奇心から「コレを商売にしよう!」という欲望や「兵器として高く売れる!」なんて欲望がこんがらがって炎上する感じの映画ですね、突っ込みどころも満載ですが大迫力でとても楽しかったです☆

前作ではひと騒ぎ起こした後、島を放棄するところまでが描かれています。

ジュラシックワールド炎の王国の感想

youtubeより

さて、またやっちゃったよ感満載の前作に続き本作ではその後のエピソードが始まります。人類は過ちを繰り返すって皮肉を恐竜に置き換えて描いているのでしょうか・・・。

炎の王国の名前にふさわしく、放棄されたあの島が炎上します。そこで今回の主人公クレアが藁をもすがる思いで助けを求めていたところ、支援の声掛けが。予告で確認できると思いますが、まぁ騙されてます。見事に。

予告見ないでも薄々気づくところなので、クレア!!アカーン!その話聞いたらアカーン!!というオレオレ詐欺バリの誘いにまんまと乗っかってしまっているのでそういった意味で今回もまたハラハラさせてくれます。まぁ、彼女が騙されなくても恐竜たちはピンチな訳なんですが。

それはそうと、恐竜パニックを観てると恐竜たちを生かしたいのか、攻撃するから退治したいのかちょっとよくわからなくなってきます。(保護団体を立ち上げているため退治したいわけないんだけど、銃を向けざるを得ないシーンが多くて)

冒頭からの流れで、そんな突込みを入れられる人ならお気づきと思いますがそもそもエゴで作り出した生物たちの扱いに困る人類。どーすんのよ??

この突込みをやっと、この映画の世界の人々が気付く訳なんですよ。

いやもうお話は始まってしまったから仕方がない

種まいちゃったから、もう目の前の問題を解決して行くしかないよねって事で本作はひたすら走ります。相変わらずギリギリのところで恐竜が迫ってきて叫んでます、そりゃもう大迫力。

前作をも超えるギリギリストーリーで突っ走ってくれています。
アイマックスシアターで観ようか迷っている人には「是非見てください」とお勧めします。

迫力は保証します。

面白いかどうかって話をすると。

めっちゃ面白い✨

です。突っ込みどころ満載だからとかそういうのを抜きに。

そしてもって、本作を観ていないと最後の3部目の作品がわからなくなるので必見。

オーウェンとブルーの友情も手厚く描かれているのでそちらも必見☆

予告でも見られる通り、結構な秘密を持つ新キャラが登場します。恐竜たちの今回の結末については今までの誰にも判断ができないところを代弁してくれている重要な人物。次作も出てくれるのでしょうか(>_<)!!

とにもかくにも、予告を観て映画館へ急げ!!って感じです(‘ω’)ノ

youtube より

アイマックスシアターについて

ちょろっと申し上げた通り、2Dより断然オススメです。
ずいぶんお高いけれど、やっぱり迫力をたのしむための映画だと思うので本作品ほど是非是非アイマックスシアターで観ることをお勧めします。

息をのむ程の美しさと迫力であなたを魅了してくれることでしょう。

最後に

メチャクチャゆるい感想でしたがここまで読んで頂きありがとうございました。

本当に突っ込みどころ満載で前作の比じゃない位ではありますが、そういうのも含めてのエンターテインメントだと思ってみれば最高の作品だと思います。やっぱりかー!!!おいまたかー!!と、思いながらも手に汗握りながら見てしまうほどの迫力がありました(; ・`д・´)

そうそう(>_<)お手洗いには直前に必ず行ってくださいね。長いし最後のほうは見逃せないので。あと必ずエンドロールの後まで座っていてください。

それでは劇場で。

またねー(‘ω’)ノ

みずもん




RECOMMEND

シェアする

フォローする