小顔メイクはじめてのシェーディング(*’ω’*)too cool for school アートクラス BYロデン シェーディング使用レポート☆彡

シェアする

皆さんこんにちは(‘ω’)ノみずもんです。

皆さんお化粧ってどんなものを使っていますか?

みずもんは下地とパウダーのファンデーションを塗って、後はアイメイクのみで終了していました。

最近、お仕事の関係で身の回りに美容家の人が多くなってきて、その影響からか、鏡の前の自分をちょっと違った角度から見てみる機会が増えました。

仕事で作るデザインは全体感とバランスを大切に作り上げているのに、自分の顔に行うお化粧のバランスは悪いことに気が付いたり、毎日気にしている顔のパーツとの上手な付き合い方など、考えるようになってきました。

あまりつけていなかったんですが、口紅もつけ始めました💄✨

なんか化粧の仕上がりがイマイチで、薄いのが原因かなって思っていましたが、大切なのは沢山お化粧品を乗せる事じゃなくて、バランスだったんですね。していなかった口紅をつけるだけで一気に顔にしまりが出た気がします。

さて前置きが長くなりましたが、今日はシェーディング用のパウダーを購入したのでそちらについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

too cool for school アートクラス BYロデン シェーディング

今回購入したのはtoo cool for school アートクラス BYロデン シェーディング

韓国のブランドらしいですね。

シェーディングは輪郭を整える役目をするお化粧品で、粉のタイプや半練りのものが販売されています。

みずもんはいつも「なんか顔が大きく見えるなぁ」と思っていました。

頭蓋骨自体はさほどの大きさではないのだけど、小顔っぽく見えないのは何が原因なんだろうって思いたところ、Twitterでシェーディングをしている画像をUPされているつぶやきを発見しました。

「エラはりさん用小顔メイク術」

(;^ω^)OH!『エラ』か、そうかここか!

メイクで顔の凹凸を補正することで、顔にしまりを出す

そんなテクニックがあるそうで。

そういえば、ロンハーの「奇跡の一枚」で撮影用のメイクで輪郭を補正・・・

みたいなやり取りを観た覚えがありますが、そういう事だったんですね(あれはやりすぎだけど)

ということで、試してみることに。

しかし、

色んな商品が出ているけど、どれをどうやって使えばいいかわからない!

そんな疑問もあり、そもそも茶色い色を顔に乗せるなんてやったことなくて怖いし。デー●ン小暮閣下みたいな”塗った”仕様にならないか心配だったり。

まぁそんな疑問もあり、どうしようかなって思っていた際に見たTwitterのつぶやき。

イイよってオススメしているようなら、いっちょ買ってみるかな♪

プチプラ商品なら試しやすいし。

んで、購入して届いたのがコチラ。


さっそくamazonで調べてポチしました。

箱かわええw

様々な種類があるシェーディング、塗るタイプは毛穴を埋めそうで怖いのでパウダーに(*’ω’*)

顔がベトベトするのが嫌いなので、この製品の口コミに「サラサラの仕上がりで良い!」って書いてあったので、(*’ω’*)おっしゃ!買います!って、そんな具合で決めました。

決め手のもう一つは、顔の色ですね、色白顔に馴染む商品が欲しくて、このTwitterでつぶやいてる子は色白の子だったので、おそらくみずもんの顔にも合うだろうと。

みずもん、実はチーク難民もしていて💦好きで買った色がことごとく顔から浮いてしまうのです。折角買ったのに色が合わないのってショックで、なかなかお化粧品が買えなくなってしまいました。

なので今回も、恐る恐る。購入です。

商品の中身

届いた商品の中身はコチラ


箱も中のデザインもかわええw

プチプラなので素材のチープ感は否めないのですが、クラフト感やオサレな手作り感がその問題をカバーしています。

うん、イイネ。

中身はこんな感じ。

3色仕様で、色の明るさを調節できるようになっています。

amazonでポチったのですが、口コミに筆が付いてる人と付いて無い人がいてどっちが来るだろうなって思ってましたが・・・筆は付いていませんでした。

途中で仕様が変わったのかな??まぁいいけど。

シェーディングを行った箇所

ブラシが付いてないのは仕方ないので、持ち合わせの筆を使うことにしました。


気まぐれで買った熊の筆晃祐堂のもの(*’ω’*)

使った箇所はココ。

※ごめんなさいモデルさんじゃなくてみずもんの顔で再現します。

顔の大きさは変えられないので、おでこ周りと顎周りの色を暗くする事によって顔のメリハリをつけることに。

あと、何故か眉毛の上がテカるのでそこも色を入れることにしました。

写真をご覧になってわかる通り、彫りや首の所、色を暗くする事により奥行きとして表現されるので、この見え方を利用してエラ部分も同じように色を暗くします。

見てほしい顔のパーツに目が行くように、メイクします。

コレが世にいう「小顔効果」

逆に、この部分を明るくしてしまうと、顔が大きく見えてしまいます。

使用感について

肝心の使用感について。

違和感なくつけることができたし、口コミ通りさらっとした仕上がりです♪

サラサラしてまーす(‘ω’)ノ

写真を撮影した際も、エラの主張が少しおさまった気がするので満足してます。

買って良かったです☆彡

ハイライトとの調整を行いながら、整ったお化粧ができるようになりたいと思います。

今回購入したシェーディングはコチラ(‘ω’)ノ

キャンメイクのもあるみたいですね。

こちらもプチプラ♪

ブラシだけは良いのを選ぶと、仕上がりが変わるのでお高いのがオススメです。

みずもんが持ってるのは晃祐堂の

全く同じのがないからこのあたりで(;^ω^)

でもできれば
灰リスの毛のほうが、ふわふわで肌に優しくて良いかなと思います。

そのうち、デパコスのシェーディングパウダーが欲しくなるかも💦

また、違うのを買ったらUPします(‘ω’)ノ

それではこの記事はこの辺で。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

みずもん

シェアする

フォローする