妊活はじめました~まずは医者の指導を聞きに~スタートラインから


みなさんこんにちは都内在住DINKS(*’ω’*)みずもんです。

突然ですが、みずもん妊活を始めました。

以前まで夫婦2人ともフルタイムでバリバリと遅くまで働いていたのですが、みずもんがフリーになって生活リズムが変わったのもあり、夫と家族の時間と家族をおむかえすることについて話し合いました。

結果、こればっかりはそこそこのタイムリミットがあるよねって事で始めることにしました。

これからUPして行く記事について、ただ自分の体験したありのままを書いて行きたいと思います(*’ω’*)

と言う事でまずはあらすじから。

スポンサーリンク

妊活のはじまり

みずもんが活動を始めたのは5月の頭から。

良いままで「天からの授かりもの」という言葉通り、ごくごく自然に任せていましたが一向に天使は舞い降りてくれず。

「では知識に頼りましょう」と言う発想から。

たまたま通っていた婦人科

今回指導を受けに行ったのは婦人科「目黒東口レディースクリニック」へ。

みずもん、行きつけの医者と言うのを持っていないのですが、2016年より区内の子宮頸がん検診のお知らせが来たことでこの病院を知りました。

子宮頸がん検診を受けられる病院として挙げられたリストの1つにあったのがこの病院で、選んだ理由が以下2つ。

  • 待ち時間が長いけれどしっかり指導してくれる良い病院。
  • 駅前にある

多院について、女医さんが良いなと何となく思っていて調べていたのですが、駅から遠かったり口コミに先生と合わなかったという意見をみてしまったので断念。

待つのはあまり苦ではないので、待っても満足できるお医者様にしましょうと言う事で選びました。

幸い、男性医師ではありましたがきちんと指導をしてくれるし、指導について「なぜならば」を必ず教えてくれるし、その医院ではできない検査はどの病院に行ったら良いかと言う所まで指導してくれたので、満足しています。

と言う事で、今回の妊活指導にはこの

『目黒東口レディースクリニック』の指導を頼る事に致しました。

これから行う事

先ずは「自然な妊娠が前提ですすめましょう」と言う事で、これから行う事として指導されたのが基礎体温表をつける事。

これによって排卵タイミングを予測して、妊娠の確率が高い日に夫婦活動することができます。

先ずは体に優しい方法から。

と言う事で、渡されたのが基礎体温表・・・のコピーw
このクリニックの指導では、先に票のコピーが渡されます。紙の表には教科書のような「基礎体温表のつけかた」が記載され、裏には体温表が記載されています。

先ずは、慣れるところからやろうね、生理が来て2~3週間後に来なさい。

そう言われました。

また、基礎体温を計測するために

婦人用体温計を買いました(*’ω’*)一般的な体温計より、桁が1個多いタイプ。コレを使って観察することになります。

また、先に疾患などが無いかも確認しようねって事で胃カメラ検査してきました。
検査結果自体は良好だったので、これで内臓などに心配なくスタートラインに立つことになりました。

今日の所は以上です(*’ω’*)

ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

みずもん

RECOMMEND

シェアする

フォローする