痛い口角炎の解消に(;´Д`)

シェアする

どうも、みずもんです(‘ω’)ノ

最近口角炎ができてしまい、痛い思いをしていました。
大した傷でもないのに、でも必ず口を開いてご飯を食べたりするからあの「ぴりっ」と切れる瞬間が痛くてとても辛いですよね。
しかも切れた端がカサカサになってしまいました。

食事も気を付けて、口は乾燥しないようにワセリンを塗って回復を待ちましたが、
肝心の自力で治す力がどうにも足りないみたいだったので、内服薬に頼りましたっていうのが今回の記事です。

さて、今回治療にお世話になったのが
第一三共ヘルスケアから出ている「トラフル」

口内炎のお薬で有名ですよね。
このお薬は皮膚の粘膜再生を助けてくれる成分が含まれているので口角炎にも有効です

スポンサーリンク

口角炎の原因について

口角炎の原因は、皮膚が繰り返し唾液などに接触することで角質バリアが破壊され、皮膚表皮細胞が壊れてることにより、表皮細胞から炎症を起こす生理活性物質が放出されて、広角に皮膚炎を起こすのだとか。

(;´・ω・)なんだかすごく難しいんですけど・・・

何らかの原因で皮膚が薄くなったり、体調の関係で修復能力が低下してふやけたところでなってしまうようですね(;´Д`)

弱ったところに真菌や細菌に感染して炎症なんてこともあるそうです。

また、アトピーの人も口角炎になりやすいようですね。

口角炎の予防

口内炎を予防するにはいろんな角度からの方法があります。

食事

口角炎は皮膚の炎症なので、皮膚の再生能力を上げるビタミンB2とB6の摂取が効果的と言われています。
B2はレバーや鮭、トウガラシ等、B6はレバーやニンニクに多く含まれるのでビタミンB群が多く含まれる緑黄色野菜なども取り入れてバランスよく食事を摂取すると良いようです。

免疫力

ストレスによる免疫力の低下も口角炎の原因になるので、適度な休息や睡眠を心がけたりが必要です。

衛生管理

唾液などの影響もあるため、できるだけ口腔内はきれいに、食後は丁寧に口を拭くことも予防になります。
ただし、こすりすぎて傷がつくとそこから炎症が起きてしまうので優しく。

以上のことを日常的に心がけていれば、発生や再発などは防げるようです。

口角炎の治療について

口内炎の治療について、基本的には軽症の人は治るまで放っておく人が多いようですがより早く直した言った場合は治療をした方が効果的です。

軽症の場合

軽症であれば、口が乾燥しないようにクリームやワセリンを塗って、食事に気を付けながら大事をとれば良くなることが多いようです。

重症になったら

炎症がひどくなってしまうと治りにくくなるので、治らないと思ったら早めにお医者さんへかかるのがお勧めです。

軽症で速く直したい場合は内服薬も有効

重症なら、お医者さん直行すべきと思いますが、
今回はちょっと切れて痛いな、食事も気を付けているのに治りにくいな~といった感じ。
そんなに酷くはなかったので、ワセリンを塗りながらトラフルに頼ることにしました。

今回服用したのはトラフルBBチャージ
説明書きにも効果・効能の欄に口角炎の記載があります。

ありがたいです(*´ω`)

また、有効成分にもビタミンB2とB6が挙げられています。
皮膚の回復効果は大変期待できますね。

消炎作用もあるそうです。

中はこんな感じで60錠入りの小瓶です。

粒は赤っぽくて小さめ、糖衣タイプではないみたいです。

小粒で飲み込みやすそうです。

処方目安は大人で1日1回2錠

今回は寝る前に2錠で試してみました。

トラフルを使用した効果について

飲んでから1日目で先ず皮膚のカサカサが解消されました。

2日目には切れていた口の端がふさがりました。

3日目、すっかり跡が消えて、口を開けてもあの「ぴりっ」っとした感覚はありません。

(/・ω・)/とっても嬉しいです!もう痛くないです☆彡

もう治ったとは思いますが、念のためあと2~3日服用しようと思います。

面倒でお医者さんにも行かず、でもうっかり口を大きく開けて「ぴりっ」と切れてしまいしばらくストレスでしたが、(‘ω’)こんなにすぐに効果が出るなら早く飲めばよかったです。

効果は人それぞれとおもいますし、やっぱり治らないなら病院へ行くのが一番だとは思いますが、口角炎、口内炎で悩んでいるならとりあえず服用して様子見してもいいかなって思いました。

以上です

ここまで読んでいただきありがとうございました。

またねー(‘ω’)ノ

みずもん

トラフルが気になる方はコチラ

今回ご紹介した第一三共ヘルスケアのトラフルBBチャージはサンプル百貨店主催のRSP63で、
配布頂いたサンプルです。実際に使用した感想をレポートさせていただきました♪