デザイナート東京2018 ペリエジュエ アート・トークショー参加レポ☆彡

シェアする

皆さんこんにちは(*’ω’*)みずもんです。

先日デザイナート東京2018のイベントとして、表参道スパイラルカフェで行われたペリエジュエ ポップアップバー アート・トークショーに参加してきたのでその様子をご案内いたします♪

【DESINART TOKYO2018とは】

10月19日(金)〜10月28日(日)までの10日間、表参道・外苑前/原宿・明治神宮前/渋谷・恵比寿/代官山・中目黒/六本木・広尾などのショップや施設、ギャラリー、貸しスペース、100箇所以上に、デザインプロダクトやアートワークを展示する。

世界屈指のミックスカルチャー都市・東京を舞台に、世界中から
建築、インテリア、プロダクト、 アート、ファッション、テクノロジーなどのDESIGNARTを集めて開催されます。

@公式より抜粋

実はこの企画の参加について、フェイスブックで「ペリエジュエ」がイベントに応募したところ当選したから行ってきたので・・・

大がかりなアートイベントの一環だったというのは・・・スミマセン後で知ったお話です。

で、今回このシャンパン「ペリエジュエ」がデザイナート・トーキョー2018のオフィシャル シャンパーニュになった事を記念して、イベントが開催されたとの事です。

みずもん、シャンパンが大好きでその中でも「ペリエジュエ」がお気に入りで大興奮で申し込みを入れたもので💦実は当選するまで他の事は何も目に入っていませんでした(^^;)ゴメンナサイww

さて、

トークショーの様子をご案内する前に、シャンパンのペリエジュエについて軽くご案内しますね(*‘ω‘ *)

スポンサーリンク

ペリエジュエとは

ペリエジュエとはシャンパンの銘柄の1つで、アネモネの花が添えられたデザインラベルで販売されています。

エレガントでフローラルな香り、さわやかで洗練された風味が特徴。

全国の百貨店やエノテカ、成城石井等で販売されています。

(*’ω’*)個人的な感想ですが、エレガンスという言葉がふさわしいシャンパンだと思います。

日本ではモエ・エ・シャンドンやヴーヴクリコの露出が多くその2銘柄のみご存知の方が多いかなと思います。一般的に出回るボトルは同じくらいの価格帯になりますので、もし贈答でモエシャンに飽きたら・・・是非このペリエジュエをお選びください。

きっと「素晴らしいセンスをお持ちだ」と評価される事と思います。

Design Talk ベサン・ローラ・ウッド氏&
松村和典氏によるトークショー&フリーフロー


@公式より抜粋

イベント内容はベサン・ローラ・ウッド氏と松村和典氏によるトークショー&フリーフロー。
アーティストのトークを聞きながら、ペリエジュエが飲み放題になるって内容です。

みずもんはフェイスブックの広告欄に表示されたイベント開催&申し込みから、セミナーに申し込んでみました。

一般申し込みは40人の枠だったようですね(;’∀’)ヒョー!!

シャンパンが好きなので、そのうちオススメシャンパン銘柄の記事を書こうと思っていたところで・・・まさか当選すると思っていなかったので💦ビックリ

シャンパンの神様が「飲んでから書きなさい」って導いてくれたのかもしれません。

開催1週間前に【ご当選のお知らせ】ってメールが来て、腰が抜けるかと思いました。

イベントの様子

2018年10月24日、19時に、表参道到着です。

B1出口の目の前にあるこちらのビルが今回の会場であるスパイラルビル。

めっちゃわくわくするww
この入り口からまっすぐ行ってつき当りが会場。

受付の様子

当日は2名当選していたのでみずもんの夫と一緒に参加しました。

ペリエジュエは会員登録をすると、セミナーなどの事前告知があるそうなのでそっちの枠もあったようですね、受付が2つありました。

みずもんは一般受付へ。

受付が終わって会場に入ると、藤を模したオブジェが登場

今回のトークショーのメイン、ベサン・ローラ・ウッド氏の作品なのだとか。

で、よく見るとシャンパンが成ってますw
シャンパンの木ww

席に着く前に1人1つグラスが手渡されます。
藤の葉も1枚ずつ貰えました。
因みにグラスはペリエジュエの高級ライン「ベルエポック」にプリントされているのと同じアネモネが描かれています。

このアネモネグラス欲しいんですが💦
これを買っちゃうとどの銘柄も「ペリエジュエか?」って思いながら飲むことになるので結局まだ入手してないんですよね(^^;)

なので、みずもん宅にあるグラスはウエッジウッドのペアグラスと、あと来客用に購入したローランペリエのブランドグラス6客です。

話題はアネモネなので、ついでに。

みずもんの当日の衣装はコチラのシンシアローリーの総刺繍ワンピースにしました。
これが手持ちの中で一番ペリエジュエに近いかなって思って。

ケイトスペードと迷いましたが・・・多分これで正解。

会場にはローラさん作の藤の他に、松村和典氏が監修したトレーシングペーパーの群生が飾られていました。

エレガントな色使いながらも、生命の力強さを感じる作品ですね。


会場にあるテーブルも、アートに合わせた仕様にしたのだとか。

セッションのセッティングはこんな感じ。

全80~100名位の席が用意されていました。

アートセッションの様子

時間になったら、先ずペルノリカール代表者より挨拶

そして、司会の方からこのイベントの説明およびセッションの流れについてご案内があり

そして、メインのアーティスト2名

イギリス人アーティスト、ベサン・ローラ・ウッド氏と空間デザイナー松村和典氏の登場。

ローラさんは通訳の方を付けての登場です。

この2人のアートの説明や、普段のインスピレーションの源についてのお話を聞きながら、ペリエジュエを好きなだけ楽しむイベント♪

なんて贅沢🌟

ローラさんはご覧の通り、カラフルな装飾のアーティスト。
ご自身もアートにされてました。

松村氏は空間を作るアーティスト
今まで手掛けたデザインや、日常の中からちょっとはみ出して驚きを与える作品作りについて語られていました。

ローラさんめっちゃキュート♪

約30分ほどのセッションが終わると・・・

真ん中の席が取り除かれて立食の歓談タイムのスタートです。

※実は前のほうにアーティストがおられます。

このイベントはフィンガーフード付きなので、こんな感じで💗

宝石のような素敵なフードが配られました。

中身はビーツやポークリエット、グリッシーニとオリーブ、サーモン、イカなど。

小さいながらも個性あふれる、目にも口にも美味しいお食事でした。

デザートも同様に。

パンプキンや、チョコレート、フランボワーズ🎃✨

この時点でもうみずもん7~8杯ほど頂いていてベロベロ(^^;)


はしゃいで、はしゃいで、沢山いただいてしました。

・・・結局もっとのんでるので(^^;)

どのフードも細かいところまで作りこまれていて、とっても綺麗。

ロゼがなかなか配られないなって思っていましたが、特別ドリンクだったようです。
最後のほうで藤の葉と引き換えにどうぞって、アナウンスが入りました。

みずもん(^^;)わけわかんなくなっていて取りに行かなかったので(というかそんな人が多く)結局普通に配られました(笑)おいしー☆彡

会場を立ち去るまえ、ローラさんとも少しだけ会話をしました♪
貴重な機会、パワーを貰って気がします、ありがとうございます。

21時過ぎ、アナウンスがかかってイベントは終了しました。

帰りのお土産として、ローラさんのポストカードが配布されていたので戴きました。

藤の葉(ローラさんが1つ1つディップ染めしたそうです)もいろんな色があるのを見せてくれました。

綺麗ですね。

受付にいたペルノリカールのお姉さんの許可を貰い、お写真撮らせてもらいました。
ありがとうござます。

あと、めっちゃ酔っぱらいながらペリエジュエに対する愛を語ったところ・・・
藤の葉とペリエジュエの説明書をイタダキマシタ。

Oh!!めっちゃ綺麗🍁✨
🌸ありがとうございます、大切にします。

今までも、これからもペリエジュエ大好きです🥂ありがとうございました🍾✨

ごちそうさまでした。

記事はここまでです、ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

みずもん

シェアする

フォローする